肌の亀裂を埋めるために|目元の印象UPなら整形が定番|噂の二重手術で若返りを目指そう

目元の印象UPなら整形が定番|噂の二重手術で若返りを目指そう

肌の亀裂を埋めるために

レディー

亀裂の中に注入

現在では、顔のしわは美容外科での治療で、簡単に目立たなくすることが可能となっています。具体的には、しわができている部分の皮下に、ヒアルロン酸やアクアミドジェルを注入するという治療です。しわは皮下での亀裂が原因となっているので、その亀裂にこれらを流し込めば、地面の亀裂を埋めた場合と同じように、しわが消えることになるのです。ヒアルロン酸もアクアミドジェルも、とろみのある液状をしていて柔らかいので、細い注射針でスムーズに注入することができます。それでいて、予防接種などで使われる注射液のように血管に吸収されることなく、注入された場所で形状を長く留めることができるのです。つまり注入後は、肌の亀裂が埋まったままになるということです。

持続期間の違い

ただしヒアルロン酸の場合は、ゆっくりとですが肌に吸収されていきます。そのため早ければ半年ほどで、長くても2年ほどで、治療効果が薄れていき、再びしわが目立つようになります。したがって、そうなる前に再び美容外科に行き、再度治療を受けることが必要とされています。一方アクアミドジェルの場合は、体に吸収されることがありません。ヒアルロン酸はもともと肌に含まれている成分なので、相性の良さから肌に吸収されるのですが、アクアミドジェルは化学物質が原料となっています。そのため吸収されませんし、しわは半永久的に消えたままとなるのです。そのため、しわを一生涯消すことを希望する場合には、アクアミドジェルの注入が適していると言えます。しかし将来的に、年相応の顔に戻すことを希望する可能性がある人は、ヒアルロン酸の注入を選択しています。